2013年 08月 23日 ( 1 )

和裁士の伯母。

北九州に父さんのお姉さん(私の伯母さん)がいます。
伯母は和裁士で、着物を仕立てるプロです。

近年は体調があまりよくなくて、週5ぐらいでヘルパーさんに来てもらっているんですが、冬に帰省した際に会いに行った時はとても元気でした!!

まだまだ、編み物などいろいろ手芸をしていました。

昨年娘が産まれた時、あまり体調もよくない中、お祝いにと「おくるみ」を作って送ってくれました。
長襦袢の生地を使ってるんだと思いますが、シルクでとっても肌触りがよくて、もちろんですが仕立てもきちっとしてて毎日使っても使ってもよれたり形が崩れることはありません。
伯母が作ってくれたおくるみに触れるたびに伯母のあたたかい気持ちを感じることができます。

やっぱり手作りっていいな、と思う瞬間です。

伯母は今まで何百着の着物を仕立ててきたのかなぁ?
すごいなぁ。着物作るなんて、ほんとすごいなぁ。

母さんのお葬式に母さんの喪服を着ました。
その時伯母が、「優子ちゃん、それおばちゃんが作ったんよ」って言いました。
まだしつけがついてたので、母さんは袖を通していませんでした。

ちょっぴり複雑な気持ちでしたが、大切にしようと思いました。

中学生の時に伯母に浴衣を作ってもらって、結納の時にも着物を作ってもらいました。
全部大事な宝物。

このおくるみを大事に大事にずっと使います。
おばちゃん、ありがとう016.gif
c0227522_1936087.jpg

c0227522_1936360.jpg

c0227522_1936450.jpg

by yukotararan | 2013-08-23 19:18

住み慣れた北海道から千葉県に引っ越しました。手作りの雑貨紹介や子育ての事、食べ物などのんびりした私の日常を綴っています☆


by yukotararan